スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
堕ちた経緯 
先日お邪魔したサトシックブロガーの方になぜがっつり潤担だったのに今大野くんですか?と聞かれ、長々と綴ったコメントを残してきた。

まあ、あまり自分でも考えたことがなく、気がついたら大野くん好きが上回ってしまったという感じなんだけどね~。

書いたコメントをそのまま載せちゃお。自分でも覚えておきたいから(笑)

***********

先日「がっつり潤担」だった私がなぜ今は大野くん?という疑問を抱かせてしまったので、自分でも考えてみました(←大げさ!)。

私は典型的な花男堕ちなんです。花男→潤くん→嵐って感じで。もうね、最初は嵐より潤くんでした(笑) そのうち、潤くんが所属するこの「嵐」ってグループは何ぞやってことで、いろいろと調べたり、観たりし始めたんです。

今さらジャニーズのグループに嵌るのもね~、なんて思いつつも見事に嵌ったわけですが、翔くんやニノちゃん、そしてバラエティーに出ている相葉ちゃんに比べ、大野くんは目立たなかった(笑) へ~、この人がリーダーなんだあ。なんか普通・・・という印象(爆)

でもね、そのフツーだと思っていたリーダーがフツーに思えなくなったのはまず「A・RA・SHI」のPV!嵐ってどんな歌があるのかなあ・・・とWishとラブソーくらいしか知らなかった時に過去PVを動画サイトで見てみたんです。

で、どんどん遡って最後に見たのがデビュー曲。そこに登場した大野くんを見て、「わあ、かっこいいよ~。え、これリーダー?え~?すっごい好きなんだけど!」そこでまず一度昔の大野くんに堕ちます(笑)でもまだまだ潤担。

そして初めての見たコンDVDTimeの大野くんソロ。
大野くんの歌声と踊りに釘付け。バラエティーで見る彼と同一人物とは思えないと思いながら(笑) それ以降どのコンDVDを見ても、大野くんソロの時はTVの前で正座して見ました。潤くんのソロでさえそんなことはしなかったのに(笑) でもね、まだ潤担。だけど大野くんの歌声とダンスに堕ちます。

そしてFreestyleの個展。なんか大野くん、すごいよ~ってほんと思いました。ちょっとギャップがありすぎ(笑) バラエティーとかでの言動とか態度とか全てが微笑ましく(?)、人に嵐さんの説明をするときも「リーダーがすごいんだよ~!」って自慢する私がいました。でも、まーだ潤担(笑)

そして「魔王」。成瀬領仕様になっていく大野くんが素敵だなと思いつつ、ドラマはスルー(^^;)。大野くんは見たいけど、話が重いのはちょっと・・・と思い、むしろ花男ファイナルが見たい私でした。今思うと信じられない(笑) あの時見ていたら、確実にとどめを刺され、完全に堕ちていましたね~。でも、見なかったのでまだ潤担(笑)

08年の国立DVDを見て、大野くんのソロにドキドキ。罰ゲームの裸にドキドキ(爆) スマイルは見なかったのに、歌のお兄さんや0号室の客は見たし、Mステに一人で出るって時も楽しみでしょうがなかった。でもやっぱりまだ潤担だって思っていたんですよね。

いつからかなあ・・・たぶん年末のWSでオリコン5冠の映像を見ていた時。「ジャパン」って言ったあとに軽くウィンクしましたよね。あれを見てちょっとズトーンってきちゃって。そこからずっと気になってしょうがないみたいな。まあ、たぶんそれまでも潜在意識の中ではずーっと気になっていたんでしょうけど・・・。そして彼の恋愛感に関する雑誌記事を読んだ時、「なんて男っぽいんだろう」・・・ってもうそこでハートマークです(笑) 怪物くんが始まる頃には自分ではまだ認めていなかったけど、すでに堕ちていました。

そんな感じで一気に堕ちたというよりも、じわじわとゆっくり堕ちていって、今や大野くんの手のひらにまーるく収まっています(笑)

でもね、潤くんがいなかったら嵐さんを、大野くんをここまで知ることはきっとなかったと思うので、潤くんはそういう意味で今も特別な存在です。

***********

なんかね、自分でこれを書いて振り返ってみたとき、そうだったんだ~って自分に納得(笑)
人の気持ちって不思議だね。
関連記事
スポンサーサイト
 
 
ちょっとわかるな。
私はひまわりさんとは違って、
娘の見ている嵐を見てたパターンだけど、
それこそ知らない間にじわじわと智くんに落ちていってるんだよね。

私は、「魔王」を見ても、大野君に落ちませんでしたからね。
ある意味ツワモノっていうか、
あの頃は冷静に「これはドラマのキャラ」って冷静に見てた。
大野君の事も、「こんな感じの大人しい人」って思ってた。
なのに、なぜ、今こんなにハマってんだーっ!
昨日なんか、
17から復讐一筋の成瀬さんは
しおりさんが初恋だったんじゃないか
それはあまりにも不憫すぎると・・

成瀬さんの事を考えすぎ、
自分で自分が気色悪かったです。
 
ひまわりさん
初めまして。サトシックのちはると申します。

先日初めて嵐会とやらに出席しました。
今までテレビもあまり観ず、芸能人にまったく興味なく生きてきたのに、
突然智くんを好きになり、誰かとこの気持ち分かち合いたいと思っちゃったの。
ステキなブロガーさんから開催を教えていただき隣県まで行っちゃいました。(ぱふぱふ~♪)(普段の自分から想像つかない行動)

その際、何堕ちしたか紹介しあったのが、すごく楽しく、こちらのタイトルにひかれてノコノコやってきました。
智くんステキって、ここでも言わせてくださぁい。
 
ちゃいむさん こんばんは~。

そうかあ、「魔王」堕ちではなかったんですね~。
じわーりじわーりですか(笑)
そのへんの経過とか聞いてみたい。

でも大野くんに一度嵌ったら抜け出せないらしい・・・
というか、加速して嵌っていきますよね。

それにしても智担にとって成瀬さんは潤担にとっての道明寺と同じような感じなんですかね?(もちろん他の役がいいっていう方もたくさんいらっしゃるでしょうけど)最強の役というか・・・。

 
ちはるさん はじめまして~。

お越しいただきありがとうございます。
ちはるさんもサトシックなんですね♪
突然大野くんが好きになったそうですが、そのへんのことも聞いてみたい気がします(笑)
他の方がどうやって嵐さんに、好きなメンバーに堕ちたのか聞くのって楽しいですよね~。
こういうことは根掘り葉掘り聞いちゃいたい(笑)

うんうん、同感・・・智くん素敵です(^^)

拙いブログですが、いつでもまたいらしてくださいね。
 
ひまわりさん こんばんは♪

え?智堕ちの話、語っちゃっていいの?(目らんらん)
聞いたこと後悔させちゃうくらい語っちゃうよ!(ういんく)
では振り落とされないようにしっかりとシートベルトお締めください。ノンストップで飛ばしまーす。

な、くらいの勢いの堕ち方なので
ここの容量を全部使っちゃうかもしれません。(えっ!)
よって、このお話は次回にして(ひーっ!)
智くんのどこが好きかを語りたいと思います。(語らせてくだせえ)

智くんのダンス、演技力、歌唱力、アートの才能、
手の美しさ、アイドルとも思えぬ色の黒さ、どれをとってもピカ1だけど、(ん?ひとつ違う?)
そんなもの目じゃないの。
なんてったって、智くんの良さは人間の良さ。
嵐初心者のくせにアイドル智の何を知ってるんだ?と聞いた、
そこ行く、ご婦人方やひまわりさん!
動画をボケっと観させたらプロのちはる、
良い仕事しましたとも。
大野くんを探せ!と動画探検に旅立ち、
DVD・ドル誌、あたりかまわず大人買い、
果敢にも太るのを恐れずお菓子食べつつ
観まくり解析したんだもの。
少しは言わせてちょー。

大野くんは決して人を故意に傷つけない。
発言は若い頃からぶれることなく
いつもベクトルは正の方向を向いている。
人を貶めることなく、黙々とミッションをこなす大野くん。

誉められてうつむくアイドル。
それがポーズではないんだもん。
愛さずにはいられない。大野くん大好き♪
(結局これ言いたかっただけやん)
お騒がせしました。
 
ちはるさん こんばんは~。

大野くんのどこが好きかを熱く語っていただいてありがとうございまーす♪
聞けて嬉しかったです。
かなり研究熱心なようで・・・(笑)
でも分かります!私も一度嵌るととことん嵌るほうなので暇さえあれば動画の旅に出ていた時期がありました。
最近はあまり出過ぎないようにしていますが(苦笑)戻れなくなっちゃうんでね。

>大野くんは決して人を故意に傷つけない。
>発言は若い頃からぶれることなく
>いつもベクトルは正の方向を向いている。
>人を貶めることなく、黙々とミッションをこなす大野くん。

読んでいて大きく頷いちゃいました。ほんと彼はぶれない。
発言もぶれないけど、態度もぶれない。それってすごい精神力ですよね。
まわりに流されることなく、静かだけど自分をしっかり持っている。
そんな彼がリーダーだから嵐というグループは浮かれることなく、いつも足が地に着いているんでしょうね~。

>愛さずにはいられない。大野くん大好き♪
うんうん、同感(笑)
私潤くんはしょっちゅう大好きって言えていたんですけど、大野くんとなるとなんかね、照れちゃうんです(爆)アホかって感じですけど。写真もなかなか直視できないし。サトシックを自覚していないときは全然平気だったのに。今ちょっと好きすぎちゃって全てがドキドキきゅんきゅんしちゃいます・・・なんて乙女(笑)

じゃあ、今度は智堕ちのこと教えてくださいね(笑)

秘密にする

..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。