スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幸せな一生 
18年前、末っ子の弟が大学に進むために家を離れる事になった時、
両親が子供三人いなくなって寂しくならないように、という思いを込めて
犬を飼い始めました。

三人の大学があるミシガン州のブリーダーで家族全員が一目見て
「この子だ!」
と感じたビションフリーゼの子犬。
ふわふわの白い毛に黒くてまん丸の目と鼻。
生後8週間の彼は両親と共に車で7時間離れたケンタッキー州の自宅に帰って行きました。

その時からずーっと18年間、家族の一員としてみんなに可愛がられ、両親の良き相手になってくれた。
国境を渡ってオタワやトロントにも両親と一緒に来てくれたり
そしてケンタッキー州から新居となるワシントン州への車の長旅も経験したり。

高校を卒業したばかりだった弟も今では双子のパパ。
5人だった家族は13人に増えた。
そう思うと18年の歳月はそれなりに長いものだったんだな~って感じる。
いろんな思い出がよみがえってくるけど、やっぱり忘れられないのは
一番最初に目が会った瞬間のあの時の気持ち。

うちに来てくれてありがとう。
沢山の幸せと優しさと愛しさをもたらしてくれたギーちゃん。
天寿を全うしたね。大病したりしたのに、こんなに長生きしてくれた。
最期は大好きなマミーの腕の中で眠ることができて良かったね。

生後8週間から今日まで、ギーちゃんの一生も幸せだったかな。
きっとふわふわのしっぽを振って、目をキラキラさせて、ちょっと微笑むようにワンって言ってくれる。
そんな気がします。

さよならギーちゃん。また会う日まで。
関連記事
スポンサーサイト
 
 
こんにちは ひまわりちゃん
ギーちゃんはひまわりちゃん家に来て
幸せだったね。。。
皆からたくさんの愛をもらって。。。
18年。。。とても長い月日。。。
一緒に過ごしたギーちゃんとのお別れ。。。
マミーは辛かったでしょうね
でもギーちゃんはこれからも家族みんなを
見守ってくれてるね。。。
青い空の上から。。。
ひまわりちゃんの事もね。。。
サンデーちゃん 
サンデーちゃん こんにちは~。

昨日はさすがに思い出しては涙が出てきて辛かったんだけど、今日は大丈夫。

父も母もお別れをしなければならなかったことは悲しかったと思うけど、
最後の最後まで愛情こめてお世話をしてあげることができたから悔いはないって言ってた。
ほんとに賢くて、可愛いワンちゃんだったの・・・みんな大好きだったんだ~。
3月にシアトルに行って、こっちに帰る時にバイバイって言って抱きしめた時、
これがもう最後だろうなあって思った。それくらい結構お年寄りになっていたからね(^^;)

そうだね・・・ギーちゃんに見守られて、またみんなで元気に過ごしていくよ。
思い出は消えないからね。

ありがとう、サンデーちゃん(^^)

秘密にする

..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。